防水工事


戸建て・施設・ビル、全ての建物に対応!防水工事
雨や雪・湿気・紫外線などの外的刺激から、建物を守るために行うのが、防水工事です。
戸建て・マンション・ビル・施設などのあらゆる箇所で、必要不可欠なものと言えます。

□ 戸建て住宅の屋上・ベランダ・屋根
□ テナントビル・オフィスビル・商業施設の屋上
□ マンションのバルコニー・屋上・外階段・外廊下・側溝

“持ちの良さ”では、どこにも負けない自信があります。
建物の規模・工事内容に関わらず、どんなご依頼も大歓迎です。小さな工事も遠慮なくご相談ください。

 

さまざまな工法がある防水工事

防水には色んな工法があるため、建物の種類や大きさ・構造・住環境によってベストを選ばなくてはなりません。
豊富な実績を持つ当社が、ご予算に合わせて、臨機応変かつ最善策のプランを提案いたします。

塗る工法、『塗膜防水』
液状の防水材を塗ることで、防水層を形成していく塗膜防水。
ウレタン防水やFRP防水が主流で、つなぎ目がなくシームレスな仕上がりが特徴です。
凹凸がある屋上や複雑な形状の現場などにも、オールマイティに施工可能◎
定期的にトップコートを塗り替えることで、防水性を維持できます。

『貼る』工法、『シート防水』

防水シート(塩ビ樹脂系・合成ゴムなど)を、専用の接着剤で貼り付けていくのがシート防水です。
耐久性・耐候性が高いため、床面に亀裂が複数ある現場にはとくに◎
ただし、シートのつなぎ目部分はデリケートなため、施工力が足りなければ水が入り込んで欠陥につながることも。
曲面や凹凸などがある複雑な形状の現場には、この工法はオススメしないケースもあります。

『塗る+貼る』工法、『改質アスファルト・トーチ工法』

改質アスファルトをバーナーで溶融して、防水層を成形した改質アスファルトシートを使用するのが、この改質アスファルト・トーチ工法です。
改質アスファルトシートは、基材となる合成繊維不織布に対して、高品質改質アスファルトを含浸・コーティングしているスーパールーフィングシートです。
色々なアスファルト防水の中でも、安価な改修工法であることが特徴です。
アスファルト・トーチ工法

シーリング防水工事

シーリング防水工事は、建物の外壁、タイル、ボードなどの目地(つなぎ目)や窓のサッシなどの隙間ををシーリング材で埋める工事です。
シーリング材は固まるとゴム状になり、建材を受け止めるクッションの役割や浸水を防ぐ役割を果たします。
経年劣化によりシーリング材の痩せや割れが生じるとこの機能が弱まってしまい、雨漏りや外壁のひび割れなどの原因となるため早めの対応が必要です。

TOPへ