こんにちは、名古屋市をはじめとした愛知県、三重県、岐阜県などの各地域で防水工事やシーリング工事を承っている株式会社Suzuki防水です。

弊社は防水・シーリング工事のプロフェショナルであるという誇りを持って、日々、仕事に邁進しております。
本コラムでは、弊社が培ってきた経験やノウハウから、様々なお役立ち情報などをお伝えしていきます。
今回は、『防水工事とシーリング工事の深い関係』というテーマを取り上げましょう。

防水工事とシーリング工事とは?

防水工事

防水工事とは、風雨や湿気、紫外線などから、建物を守るための工事のことをいいます。
一般住宅に限らず、オフィスビル、テナント、公共施設、病院、学校など防水工事を必要とする場面は、多岐に渡ります。
主な施工場所は、建物の外壁、屋上、屋根、バルコニー、外階段や廊下などです。

シーリング工事

防水工事に欠かせないのがシーリング工事です。
建物の外壁の隙間やタイル、ボードの目地と呼ばれるつなぎ目、窓のサッシなどの隙間を埋めるのがシーリング工事の目的です。
固まるとゴム状になるシーリング材で隙間を埋めて、建物への浸水を防ぎます。
このように防水工事とシーリング工事の間には、持ちつ持たれつの深い関係があるわけです。

工法をご紹介!

ここからは防水・シーリング工事の工法をご紹介しましょう。

塗膜防水

液状の防水材を使用します。
防水層を形成して防水を行うため、塗膜防水と呼ばれています。
ウレタン防水やFRP防水などの種類があり、特長として目地のないことが挙げられます。
液状のため複雑な形状にも対応が可能です。
トップコートの塗り替えにより、防水性の維持が見込めます。

シート防水

塩ビ樹脂系、合成ゴム製の防水シートを貼り付けていく工法です。
耐久性、耐候性に優れていて、ひび割れの多い床面などに効力を発揮します。
シートに目地ができるため、複雑な形状の場所には適さない場合もあります。

改質アスファルト・トーチ工法

改質アスファルトシートを使用します。
改質アスファルトシートとは、改質アスファルトをバーナーで溶融することにより防水層を成型したもの。
数あるアスファルト防水の中でも、安価な改修工法であることが知られています。

ここまで、『防水工事とシーリング工事の深い関係』というテーマを取り上げましたが、いかがでしたか?
今後も様々なお役立ち情報をお伝えしていきます。

防水工事やシーリング工事のプロを目指すなら!

Suzuki防水で働きませんか?

「一生使えるハイレベルの技術を習得したい」
「やりがいのある仕事をしたい」
「定着して働きたい」
株式会社Suzuki防水なら、そんなご要望に全力でお応えいたします。

資格取得の支援制度あり!

スキルアップのための資格の取得について会社が支援する、資格取得支援の制度があります!
株式会社Suzuki防水で、防水工事やシーリング工事のプロを目指しませんか?
まずはお気軽に求人情報ページからご応募ください。

防水・シーリング工事ならSuzuki防水へ!

防水・シーリング工事のプロ、株式会社Suzuki防水にお任せください!
数多くの実績のある株式会社Suzuki防水なら、ケースバイケースで柔軟かつ迅速にご対応いたします。
まずはお問い合わせください。

たくさんのご応募、ご連絡をお待ちしています!


ーーーーーーーーーーーーーー
防水工事・シーリングは愛知県名古屋市の(株)Suzuki防水
ただいま名東区や守山区など防水工事の現場スタッフ求集中でございます。
TEL / FAX : 052-739-6992
〒463-0042
愛知県名古屋市守山区野萩町8-17
ーーーーーーーーーーーーーー